投資と節約でセミリタイアする こたつ日記

投資と節約で45歳にセミリタイアを目指します。

MENU

買う前に探してみる。探し物は案外近くにあるものだ

シルバニアファミリーすごいっていうお話。

 

1歳半の子供がいるのですが、ママの姿が見えなくなると

「ママ、ママ」と探して泣き出してしまいます。

DVDをみせたり、積み木で誘ってみたり、youtubeを見せてみたり

どうしたら泣き止むのか試行錯誤していたのですが、つい先日救世主が現れました。

私の眼には彼、彼女たちがまるで天使のように見えております。

それが

シルバニアファミリー!

 

 

私自身はかわいいキャラクターで割と好きだったんですが、初めて彼らがおうちにやってきたときはその偉大な力にまだまだ気づいておりませんでした。
こどもは気に入ったのか、彼らを見るやいなや手に取り
「よいちょ、よいちょ」と遊びだしました。
 
その時点でもまだ、「好きなんだなー」くらいにしか思っておりませんでした。
 
その偉大さを知ることになったのはその日の夜お風呂タイムの時です。
また、ママ、ママと泣いちゃのかなと思っていたのですが、
「よいちょ、よいちょ」
遊び続けるこども。これならしばらく大丈夫かもと思いました。
そして、お風呂からママがこどもを呼ぶベルが鳴りました。
「お風呂だよーママのところいこー」
 
「よいちょ、よい・・いや、いや」(いつもならすぐお風呂に行きたがるが、嫌がるこども)
 
Σ(・ω・)ミ
 
こ、これがシルバニアファミリーの力、その偉大な力に私は感動しました。
もし、お子様がおられる方は、すごく喜ぶのでぜひ手にされてはどうでしょうか。
とはいっても、こどものおもちゃって買いだすときりがないので双方の実家に眠っていないかまずは確かめてください。
 
 
今は子供と一緒にシルバニアファミリーのキャラクターを手に取り
「よいちょ、よいちょ」と遊ぶ毎日です。
 
こどものおもちゃに限らず、何かほしいものがあったときにはダメもとで実家に「こんなの余ってないかな?」と聞くのを実践しております。
 
意外と自分がこども時代のものが残ってたりして、出費を抑えることができます。
 
買わずに、今あるものを使えたらそれ以上の節約ってないですから